ビブリオバトルを楽しもう ゲームで広がる読書の輪


監修:谷口忠大
文:粕谷亮美
絵:しもつきみずほ

定価:本体1700円+税
対象:小学校上~中学、教員
判型・体裁:B5判/64ページ/並製本
発行年月:2014年3月
ISBN978-4-378-02227-7
NDC019
見本はこちら

内容紹介

ビブリオバトルとは、小学生から大人までできる本の紹介コミュニケーションゲームです。ビブリオバトルのルールや子どもたちが楽しむための留意点などを、子どもたちと司書とのやりとりで紹介します。小・中学校や公共図書館などでの実践例も掲載。開催当日の様子や、子どもたちの感想などを載せています。ビブリオバトルに初めて挑戦する子どもたちはもちろん、ビブリオバトルの導入を考えている先生や学校司書、図書館司書の方も活用できる情報が満載です。ビブリオバトル開催情報などは、「知的書評合戦ビブリオバトル公式ウェブサイト」をご覧ください。

・もくじ
ビブリオバトルってなあに?

第1章 どうしてビブリオバトルなの?
ビブリオバトルの魅力

第2章 どんなゲームなの?
ルール①おススメの本を持って集まる
ルール②時間制限は5分
桐山さんメモ(5分のわけ)
ルール③3分間のディスカッション
ルール④チャンプ本を決める
ビブリオバトル公式ルール

第3章 楽しいビブリオバトルのためのヒント
自分で本を選ぼう
桐山さんメモ(本選びのわけ)
何人でやる?
なぜ原稿を用意しないのか?
じょうずに発表するには?
発表がはやく終わってしまったら?
桐山さんメモ(ミニ・ビブリオバトル)
投票の紳士協定

第4章 ビブリオバトルをやってみよう
実践例 その1 小学校
その2 中学校①
その3 中学校②
その4 図書館
その5 そのほかに
桐山さんメモ(紹介本が重なったら)

おわりに(監修者・谷口忠大)


著者紹介

監修:谷口 忠大(たにぐち ただひろ)
1978年、京都府京都市生まれ。京都大学大学院工学研究科精密工学専攻博士課程修了。立命館大学情報理工学部知能情報学科准教授。ビブリオバトル考案者。ビブリオバトル普及委員会代表。著書に『コミュニケーションするロボットは創れるか 記号創発システムへの構成論的アプローチ』(NTT出版)、『ビブリオバトル 本を知り人を知る書評ゲーム』(文春新書)、監修に『ビブリオバトル入門 ~本を通して人を知る・人を通して本を知る』がある。

文:粕谷 亮美(かすや りょうみ)
宅配書店サンタポスト主宰。ライター。著書に『あなたの知らないカビのはなし』、『あなたの知らない細菌のはなし』、共著に『妖怪の日本地図』1~6巻(大月書店)、編集協力に『絵本は語る はじまりは図書館から』、『3・11を心に刻むブックガイド』(子どもの未来社)などがある。ビブリオバトル普及委員。

絵:しもつき みずほ
イラストレーター、マンガ家。『ワンステップアップの授業づくり学級づくり 1年』(子どもの未来社)扉・本文イラスト、マンガ制作。『東タ煉協報』(タイルの本編集室)4コママンガ連載など。


関連記事

  1. 短歌をつくろう

  2. なみきビブリオバトル・ストーリー2 決戦は学校公開日

  3. ぼくのブック・ウーマン

  4. オペラでたのしむ名作文学

  5. 詩をつくろう

  6. なみきビブリオバトル・ストーリー 本と4人の深呼吸

  7. 詩が大すきになる教室

  8. ことわざ・慣用句おもしろ辞典

  9. トマス・ジェファソン 本を愛し、集めた人

セット商品

新刊

  1. #マイネーム
  2. 目で見るSDGs時代の異常気象
  3. サステナブル・ビーチ
  4. はかって、へらそうCO2 1.5℃大作戦
  5. ホオナニ、フラおどります
PAGE TOP