キーワード    
    エシカル消費 算数使いかたナビ 自然に学ぶくらし ビブリオバトルを楽しもう 目で見る図鑑シリーズ 自然の材料と昔の道具

お知らせ     (最終更新日 2019年10月26日)

◆2019/11/01
『この海を越えれば、わたしは』が出ます。『その年、わたしは嘘をおぼえた』につづくローレン・ウォークの第2作目。今回は“自分さがし”がテーマです。自分を知ることが、こんなにつらいときがあるのかと、ハンセン病の歴史もたどる深く重いストーリーですが、主人公のけなげさと、まわりの人の愛情が胸にしみます。


◆2019/09/27
『先生、ウンチとれました』 が出ます。“動物のウンチ博士”こと、腸内細菌学者である牛田一成先生のフィールド調査は、もはや探検! 野生動物の新鮮なウンチを探し求めて、森を、草原を、山を、先生はかけめぐる。ワイルドで、アカデミックなウンチ本の登場です。


◆2019/05/08
『身近でできるSDGs エシカル消費 (全3巻)が5月10日に完結します。身のまわりにあるモノの「つながり」を考えて、地球上にある問題の解決を考えて消費するのが「エシカル消費」です。SDGsの入門書『知っていますか? SDGs』(既刊)で知識を身につけたら、次はアクションです。エシカル消費でSDGsの達成をめざしましょう。


◆2019/02/20
『ポリぶくろ、1まい、すてた』が出ます。アフリカのガンビアで、ポリぶくろのリサイクルをはじめた実在の女性をえがいた絵本です。


◆2018/10/25
『その年、わたしは嘘をおぼえた』が出ます。新人のデビュー作にして、2017年ニューベリー賞オナーを受賞(原題「Wolf Hollow」)。次々と起こる事件、深まる謎、サスペンスさながらの展開の中で、迷いながらも自分の信じた道を進む少女の姿を描いています。


おすすめの本

この海を越えれば、わたしは  先生、ウンチとれました

エシカル消費ってなに?  ポリぶくろ、1まい、すてた

wolf hollow  SDGs

ビブリオバトル協会サポーター会員
さ・え・ら書房は
ビブリオバトル協会サポーター会員です