キーワード    
    きみが、この本、読んだなら 知ってる?アップサイクル エシカル消費 算数使いかたナビ 自然に学ぶくらし 目で見る図鑑シリーズ 自然の材料と昔の道具

お知らせ     (最終更新日 2020年09月16日)

◆2020/10/09
『エルビス、こっちにおいで』が出ます。主人公は犬のエルビス。人間のこと、家族や友人のことを語ります。とぼけていて、すぐ調子にのり、それでいてきずつきやすいエルビスのいじらしさがたまりません。きたむらさとしさんのイラストにもいやされます。


◆2020/06/01
『みずをくむプリンセス』が出ました。アフリカの、水くみをしている少女の1日を描いた絵本です。身のまわりに、きれいで安全な水が飲み水がない人は世界で9億人います。きっと、それぞれにこんなストーリーがあるのでしょう。安全な水が世界中に広まりますように。


◆2020/04/23
「ジェンダーの平等」をテーマにした読みもの『囚われのアマル』が出ました。12歳で、自由も、夢もうばわれた主人公が反撃へ! 全米ベストセラー作品、待望の翻訳です。


◆2020/04/05
もうひとつのリサイクルのかたち……アップサイクルの本「知ってる?アップサイクル」『アップサイクルってなに?』 『アップサイクルをやってみよう!』 が出ました。


◆2020/04/01
今、地球は急激な温暖化、増え続けるプラスチックゴミなど、さまざまな環境問題が山積しています。『目で見るSDGs時代の環境問題』は、わたしたちに何が出来るかを、わかりやすく紹介しています。


◆2020/02/04
本を紹介することをテーマにしたアンソロジー『きみが、この本、読んだなら ざわめく教室 編』『きみが、この本、読んだなら とまどう放課後 編』。親しい人からすすめられた本って、そのときの様子とともに、記憶に残っていませんか。そんな本の紹介にまつわる8つの物語を、8名の人気児童文学作家が個性ゆたかに描きあげています。


ビブリオバトル協会サポーター会員

おすすめの本

エルビス、こっちへおいで  みずをくむプリンセス

囚われのアマル  目で見る環境問題

きみが、この本、読んだなら  きみが、この本、読んだなら

この海を越えれば、わたしは  先生、ウンチとれました

ポリぶくろ、1まい、すてた  SDGs