黄色いハートをつけたイヌ

作:ユッタ・リヒター
訳:松沢あさか
画:陣崎草子

定価:本体1500円+税
判型・体裁:四六判/192ページ
発行年月:2007年8月
ISBN978-4-378-00797-7
NDC943
品切れ重版未定の商品です

イヌという名の犬が語る「創世記」。
あなたの知らない楽園のこと、創造主のこと、
そして人間誕生の話

「聞こえてる」イヌは足をなめ続ける。
「聞こえてて、しゃべれるけれど、しゃべりたくなきゃしゃべらないわけだね」
「そのとおり、いつでもしゃべるってわけじゃない」
……夏ならば野良犬暮らしは自由で楽しい。しかし秋には暖かい寝床が恋しくなる。飼い犬になりたいイヌは、人間の子どもたちに、ふしぎなお話を語り始めた……自分が以前、どんなところに住んでいたのか? 世界はどのように始まり、人間はだれの手で作られたのか?

ユッタ・リヒター
1955年、ドイツ西部のミュンスター地方生まれ。カトリック神学、ドイツ学、ジャーナリズムを専攻。1978年から作家としてミュンスター近郊に居をかまえる。『黄色いハートをつけたイヌ』は、1999年ドイツ児童文学賞最終候補となる。また、2001年、『クモの手なずけ方をおぼえた日』(未訳)で、ドイツ児童文学賞を受賞。

関連記事

  1. 赤い靴下

  2. フグは海に住む―ベンの旅立ち―

  3. おばあちゃんの記憶

  4. 少年と白鳥

  5. ヨハネスブルクへの旅

  6. ベルト

  7. 三千と一羽がうたう卵の歌

  8. 子ねこをつれてきたノラねこ

  9. タイガーチーム事件簿

セット商品

新刊

  1. #マイネーム
  2. 目で見るSDGs時代の異常気象
  3. サステナブル・ビーチ
  4. はかって、へらそうCO2 1.5℃大作戦
  5. ホオナニ、フラおどります
PAGE TOP