貝殻の採集と観察

著者:馬場勝良
定価:本体1400円+税
判型・体裁:B5変型判/64ページ
発行年月:2002年4月
ISBN978-4-378-03891-9
NDC484
品切れ重版未定の商品です。

海辺できれいな貝殻を見つけると、きっと、拾って持ち帰りたくなるでしょう。めずらしい貝をたくさん集めている人もいるかもしれません。貝殻の美しい色や形は、見る人の気持ちをなごませてくれます。
貝は集めるだけでもたのしいものですが、くわしく観察したり、調査したりすると、貝への興味は、いちだんと深まります。
ところで、上の写真は千葉県館山の海岸の貝ですが、目のつけどころを知らないと、何をどうしたらよいかわからないでしょう?
この本には、実際に海岸へ貝を拾いに行ったとき、何に注意し、どのように調査したらよいか、そして、それによって何がわかるのかが、わかりやすく書かれています。

関連記事

  1. 水のふしぎを実験しよう

  2. わたしのカラス研究

  3. 池上彰の ニュースに登場する世界の環境問題 9巻:公害

  4. 池上彰の ニュースに登場する世界の環境問題 2巻:水

  5. 身近でできるSDGsエシカル消費 ②エシカル消費でSDGsを!

  6. わたしはガリレオ

  7. アナバチの生活

  8. ミヤマカワトンボのふしぎ

  9. 人類の長い旅-ビッグ・バンからあなたまで-

セット商品

新刊

  1. #マイネーム
  2. 目で見るSDGs時代の異常気象
  3. サステナブル・ビーチ
  4. はかって、へらそうCO2 1.5℃大作戦
  5. ホオナニ、フラおどります
PAGE TOP