自然科学30のなぜ?どうして? 国立科学博物館の展示から

編、著:国立科学博物館
定価:本体1500円+税
判型・体裁:四六判/176ページ
発行年月:2010年8月
ISBN978-4-378-03912-1
NDC400
もくじはこちら

フーコーの振り子より

標本それぞれの背景には、ひとつひとつにまつわるストーリーがあります。それらは、研究者が実際にたくさんの標本と向き合い、少しずつ情報を蓄積して明らかになったことです。この本では、たくさんの常設展示の中から三十点を選び、実際に調査研究に携わっている研究者が解説しています。それぞれのページで、みなさんが展示の内容について、じっくり興味を深めることができるように書かれています。すでに標本を見たことがある方も、これから見る方も、この本を読むと、それぞれの標本からのメッセージをより深く受け取ることができると思います。
                                                                                 国立科学博物館長 近藤 信司


関連記事

  1. 目で見る栄養ー食べ物が作るわたしたちの体ー

  2. たのしい料理と実験

  3. 川原の石の観察と実験

  4. わたしのカブトムシ研究

  5. 自然に学ぶくらし

  6. 光と見え方実験

  7. 地球環境のしくみ

  8. 先生、ウンチとれましたー野生動物のウンチの中にあるひみつー

  9. 手づくりスライムの実験

セット商品

新刊

  1. #マイネーム
  2. 目で見るSDGs時代の異常気象
  3. サステナブル・ビーチ
  4. はかって、へらそうCO2 1.5℃大作戦
  5. ホオナニ、フラおどります
PAGE TOP