目で見る進化ーダーウィンからDNAまでー


著:ロバート・ウィンストン
訳:相良 倫子
定価:本体2800円+税
判型・体裁:28.5*22.5cm/96ページ/オールカラー
発行年月:2009年07月
ISBN978-4-378-04119-3
NDC467
対象:小学校高学年から大人まで

内容紹介

いまから150年前にダーウィンが『種の起源』を発表するまで、生き物はすべて神がつくったと信じられてきた。ところが、近世になっていろいろな化石が発見され、創造説では説明できないことが次つぎに見つかってきた……。ダーウィン以前に、人びとが生命をどのように考えていたのかを具体的に紹介しています。


ダーウィンの進化論とは……いったいどんなものなのか、ダーウィンはそれをどのようにして考えついたのか……ダーウィンの生いたち、家族、研究のようす、研究発表にいたるまでのできごとをまじえながら、幅広く紹介。『種の起源』がどんな本で、どんな影響をあたえたかがはっきりとわかります。

 


恐竜やマンモスを現代によみがえらせることはできるか? 遺伝子組み換えとは? 遺伝子と進化の関係は?……ダーウィン以後に進んだ遺伝学について実例をあげながらたのしく紹介。染色体、DNA、遺伝子、ゲノムなど、それらがどんなものであるかがわかります。

 


まったくちがう種でも、住む環境が似ていると、おなじような体型になる、逆に近縁の種でも、住む環境が異なるとまったくちがう体型になる……種のふしぎを物語ります。この「目で見る進化」では、進化と遺伝学の幅広い分野を全体的に見通し、この基本となること、ヒントになることをビジュアルにわかりやすく紹介した、小学生から大人まで楽しめる本です。

 


【もくじ】

答えを探し求めて…
世界を変えた本
答えを探し求めて…
創造説
進化論への序章
化石の謎
大革命!

ダーウィンの進化論
ダーウィンの進化論
ダーウィンの生いたち
人生を変える旅
山あり谷あり
実験と研究の日々
変種の誕生
生存競争
子孫を残すために
目のふしぎ
ついに発表!
その後のダーウィン

遺伝学と進化
遺伝学と進化
エンドウマメのふしぎ
生命の設計図
1000兆分の1
突然変異
すべての生き物は個性的
運命のいたずら
謎のなかの謎
遺伝子のなかの亡霊
自分のためか、種のためか?
遺伝子操作
ジュラシック・パーク

進化は続く
進化は続く
生命の歴史
ミッシングリンク(失われたくさり)
島の固有種
似て非なり
胚・胚・胚
近縁関係はあるのかな?
ウマの系統図
ゾウの鼻は、なぜ長い?
サルからヒトへ
人間の行動
なぜ病気は、なくならない?
ヒトの進化はどうなる?

用語解説
さくいん

関連記事

  1. わたしの森林研究 鳥のタネまきに注目して

  2. 土の観察と実験

  3. わたしのノラネコ研究

  4. ストローで調べる強いかたち

  5. 地層を調べる―たのしいフィールドワーク―

  6. 野山でたのしむ秋の草花

  7. わたしのカブトムシ研究

  8. ポップコーンの科学-ふくらむなぞに挑戦-

  9. はっこう博士大かつやく

セット商品

新刊

  1. 目で見るSDGs時代の異常気象
  2. サステナブル・ビーチ
  3. はかって、へらそうCO2 1.5℃大作戦
  4. ホオナニ、フラおどります
  5. エルビス、こっちにおいで
PAGE TOP