目で見る脳の働きー感じる心・考える力

著:ロバート・ウィンストン
訳:町田敦夫
定価:本体2800円+税
判型・体裁:28.5*22.5cm/96ページ/オールカラー
発行年月:2011年3月
ISBN978-4-378-04128-5
NDC491
対象:小学校高学年から大人まで

 

内容紹介

人体の中でもっとも驚きと謎にみちた器官である脳について、さまざまな角度からその働きを明らかにします。
物事を考える器官は「心臓」だと考えられていた時代から、脳の働きを少しずつ解明していく様子・歴史を、ビジュアルにわかりやすく紹介します。

 


脳はだまされやすい……平面の絵なのに立体に見える、同じ長さがちがって見える……さまざまな錯視、錯覚を礼にあげながら、その錯覚がどうして起こるのか、その理由をきちんと解明します。友達をびっくりさせる錯覚ゲームも紹介しています。

 


言葉・言語がちがっていても、笑っているか、怒っているか、悲しんでいるのか……表情からわかるのはなぜ? 脳は記憶したり考えたりする役目のほかに、感情を生み出す器官としての役割があることを、例を挙げながら、明らかにします。

 


コンピュータ技術が発達し、さまざまなロボットがつくられているが、人工知能は人間の脳にとって代わることができるのだろうか……さまざまな視点から考えます。この『目で見る脳の働き』は、脳にそなわるすばらしい働きを、さまざまな角度から、具体例をあげながら、ビジュアルにわかりやすく紹介します。

 


【もくじ】

 脳って何だろう?
脳って何だろう?
脳はいかにして
「発見」されたか
脳は何のためにある?
脳の構造
脳細胞
心の地図を描くには

脳と体
脳と体
神経系
視覚
見ることと、認識すること
脳は3Dで物を見る
錯覚
錯覚する体
脳と痛覚
体内時計
タイムトラベル
脳と眠り

我思う、ゆえに我あり
我思う、ゆえに我あり
意識とは不思議なもの
無意識の思考
心を読む 個性とは?
君はどんなタイプだろう?

感じる心
感じる心
情動
ティーンエイジャーの脳
脳は報酬でむくいる
何を笑っているんだい?
幸福感を生みだすもの

頭脳のパワー
頭脳のパワー
言葉を話す力
記憶の仕組み
超人的な記憶力
記憶力をテストしよう
創造力を高めよう
思考力をテストしよう
脳が「故障」を起こしたら
超能力は存在するか?
機械は心を持てるか?

用語解説

さくいん

関連記事

  1. どうぶつの赤ちゃんとおかあさん

  2. 科学でゲーム・ぜったいできる!

  3. 目で見る化学 111種の元素をさぐる

  4. ミクロをのぞく

  5. カブトエビの飼育と観察

  6. 自然科学30のなぜ?どうして? 国立科学博物館の展示から

  7. 化石はなぜおもしろい

  8. トンボの引っこし

  9. 人力で動く乗り物

セット商品

新刊

  1. #マイネーム
  2. 目で見るSDGs時代の異常気象
  3. サステナブル・ビーチ
  4. はかって、へらそうCO2 1.5℃大作戦
  5. ホオナニ、フラおどります
PAGE TOP