理科の自由研究のまとめ方

理科の自由研究のまとめ方〈基本編〉

著者:高梨賢英、馬場勝良
定価:本体1165円+税
判型・体裁:B5変型判/80ページ
初版発行年月:1992年8月
改訂:2002年7月
ISBN978-4-378-03866-7
NDC407

品切れ重版未定の商品です

自由研究をまとめるということは、ほかの人が読んでもわかるようにすることですが、それだけではありません。まとめるという作業によって、自分の考え方がさらに整理され、それまで気がつかなかった新しい発見が生まれてくるのです。
自由研究だけなら、おもしろいといって飛びつきどんどん進めても、それを文章にまとめる時になると、急にいやになったり、投げ出したりする人がいます。そういうひとにこそ、この本が役に立つのです。


理科の自由研究のまとめ方〈応用編〉

著者:高梨賢英、馬場勝良
定価:本体1165円+税
判型・体裁:B5変型判/80ページ
初版発行年月:1993年7月
改訂:2002年7月
ISBN978-4-378-03870-4
NDC407

品切れ重版未定の商品です

理科の自由研究は、自分一人で楽しむ場合もありますが、多くの場合、せんせいなど他の人に提出して見てもらったり、友だちの前で発表したりします。ですから、みなさんのおこなう自由研究は、自分だけがわかるのではなく、他のひとにもわかるようにまとめる必要があります。
本書は、“基本編”に続き、どうすれば、よりすぐれた自由研究ができるかを、実例をあげながら、わかりやすく解説しています。

関連記事

  1. 台所昆虫記

  2. わたしのカラス研究

  3. 空きビンの中のミクロの世界

  4. ぼくは なぜヒマワリなのかな

  5. わたしはガリレオ

  6. コマツナの栽培と18の実験

  7. 地層をのぞいてみよう

  8. 塩のおもしろ実験室

  9. 科学でゲーム・できっこないさ!

セット商品

新刊

  1. #マイネーム
  2. 目で見るSDGs時代の異常気象
  3. サステナブル・ビーチ
  4. はかって、へらそうCO2 1.5℃大作戦
  5. ホオナニ、フラおどります
PAGE TOP