心の国境をこえて

G.R.アミット:作
母袋夏生:訳
定価:本体1500円+税
判型・体裁:A5判/224ページ
発行年月:1999年5月
ISBN978-4-378-00756-4
NDC929
品切れ重版未定の商品です

内容紹介

わたしはアラブ人。でも、父さんがユダヤ人の寄宿学校への進学をすすめてくれた。医者になって、地域医療につくすために……。異なる民族のあいだでゆれ動く少女の心をえがく。

複雑な民族問題を背景にもつ、アラブの14歳の少女が主人公。彼女の心のかっとうは、深いところで日本の若者の悩みや不安とも地続きになっており、普遍的な問いを読者に投げかける。(朝日新聞.子どもの本棚.1999年6月30日付け紙面より)

関連記事

  1. エディンバラの光と影

  2. リリー・モラハンのうそ

  3. タイガーチーム事件簿

  4. 学校ユウレイとおてんばカローラ

  5. やあ、アンドレア -ある「父と子」の風景-

  6. 九時の月

  7. ウーヌーグーヌーがきた!

  8. カンボジアの大地に生きて

  9. サリーの青春

セット商品

新刊

  1. 【近刊】タブレット・チルドレン
  2. 【近刊】アフガニスタンのひみつの学校 ほんとうにあったおはなし
  3. #マイネーム
  4. 目で見るSDGs時代の異常気象
  5. サステナブル・ビーチ
PAGE TOP