希望の学校 新・生きのびるために


デボラ・エリス 

訳 もりうち すみこ 

定価           本体1500円+税
判型・体裁  A5判/256ページ
発売年月     2013年4月
ISBN         978-4-378-01498-2

内容紹介

米軍からテロリストとうたがわれたアフガンの少女は……
女性兵士の足音が、廊下を遠ざかっていく。少女は立ったまま、靴音がもどってこないかどうか、耳をそばだてた。
ついに、だれもやってこないことがわかると、少女は、よごれた青いチャドルの中で、やっと、つぶやいた。
「そう、わたしの名前はパヴァーナよ」
……戦乱のアフガンを生きぬく少女を描いた連作の最終巻。

作者、デボラ・エリスより
今日、アメリカ合衆国を含む外国軍は、アフガニスタンから軍隊を引きあげる方向に動いています。しかし、戦闘はつづいています。最終的にだれが勝者となるかは、明らかではありません。どんな状況にしろ、アフガニスタンの人々は、生活しつづけなければなりません。そして、その暮らしを少しでもよくするために、パヴァーナやショーツィアやウィーラ夫人のような人々が、懸命にはたらいているのです。そのような多くのアフガニスタンの女性、男性、子どもをこそ、世界は支えなければなりません。かれらをたすけることは、わたしたちの義務なのです。

関連記事

  1. 人食い  クラウス・コルドン短編集

  2. 赤い十字章

  3. ジョージア…旅立ちの予感

  4. 家出する少年-ヘルトリング短編集-

  5. やあ、アンドレア -ある「父と子」の風景-

  6. もうひとりの息子

  7. 囚われのアマル

  8. ラウラの日記

  9. 九時の月

セット商品

新刊

  1. タブレット・チルドレン
  2. アフガニスタンのひみつの学校 ほんとうにあったおはなし
  3. #マイネーム
  4. 目で見るSDGs時代の異常気象
  5. サステナブル・ビーチ
PAGE TOP