川原の石の観察と実験

著者:馬場勝良
定価:本体1400円+税
判型・体裁:B5変型判/64ページ
発行年月:2001年4月
ISBN978-4-378-03890-2
NDC458
品切れ重版未定の商品です。

川原できれいな石を見つけると、きっと、ひろってみたくなるでしょう。何という名前の石か、知りたくなるかもしれません。

石は、はじめから川原にあったのではありません。上流の方から流れてきたのです。その上流の石も、あるものは何十万年前に海の底で土がかたまってできたものかもしれないし、また、あるものは、大むかしの生物の死がいかもしれません。

どんな石にも、長い歴史と科学がとじこめられています。じっくり観察して、石にひそむさまざまな物語を読みとってみましょう。

 

関連記事

  1. カルメ焼きはなぜふくらむ-二酸化炭素の実験-

  2. 科学でゲーム・やっぱりできる!

  3. 土の観察と実験

  4. わたしのカラス研究

  5. わたしの森林研究 鳥のタネまきに注目して

  6. 理科の自由研究のまとめ方

  7. 母と子の園芸教室

  8. 池上彰の ニュースに登場する世界の環境問題 1巻:気候変動

  9. 化石はなぜおもしろい

セット商品

新刊

  1. #マイネーム
  2. 目で見るSDGs時代の異常気象
  3. サステナブル・ビーチ
  4. はかって、へらそうCO2 1.5℃大作戦
  5. ホオナニ、フラおどります
PAGE TOP