リリー・モラハンのうそ

パトリシア・ライリー・ギフ=作
もりうちすみこ=訳
吉川聡子=画

定価:本体1600円+税
判型・体裁:四六判/304ページ
発行年月:2008年2月
ISBN978-4-378-01476-0
NDC933
品切れ重版未定の商品です

ナチスから逃げてきた少年に、リリー・モラハンは、希望をこめてうそをつく。
そのうそが、思わぬ危険をまねくことに……。

1944年夏、戦時下のニューヨーク郊外の避暑地で、少女リリー・モラハンはナチスから逃げてきた少年アルバートに出会った。
「ボートをこいで沖に出たら、軍艦にボートを近づけて、あとは泳ぐわ。その軍艦に乗っかって、父さんのところまで行くの」
リリーはしゃべりつづけた。つぎからつぎへと、うそ話をでっち上げて。そして、それをアルバートは身をのりだして聞いている。

わたしが読者のみなさんにうったえたかったのは、時代は変わっても、人はやはりおなじように、親や友だちをうしなったりわかれたりしなければならず、あるいはまた、戦争のためにくるしんだり、将来を思いなやんだりしているものだということです。そして、わたしたちにそれを乗りこえさせてくれるのは、愛情と友情だということを、わたしはみなさんに知ってほしいのです。  パトリシア・ライリー・ギフ


パトリシア・ライリー・ギフ
アメリカ・ニューヨーク市ブルックリン生まれ。20年間教師をしたのち、子どものための本を書き始め、60冊をこえる著作は広く子どもたちに読まれ愛されている。本書と『ホリス・ウッズの絵』で2度のニューベリー・オナー賞を受賞した他、『ノリー・ライアンの歌』で、ゴールデンカイト・オナー賞等を受賞している。他の邦訳作品に『ポークストリート小学校のなかまたち』シリーズ(以上、さ・え・ら書房)がある。現在コネチカット州在住。

 

 

 

 

関連記事

  1. エルビス、こっちにおいで

  2. クジラに救われた村

  3. さよならわたしの本屋さん

  4. 幸せを待ちながら

  5. クジラが浜にあがった朝

  6. 家出する少年-ヘルトリング短編集-

  7. 子ガモのボタン

  8. 真夜中のスパゲッティ

  9. 黄色いハートをつけたイヌ

セット商品

新刊

  1. 【近刊】タブレット・チルドレン
  2. 【近刊】アフガニスタンのひみつの学校 ほんとうにあったおはなし
  3. #マイネーム
  4. 目で見るSDGs時代の異常気象
  5. サステナブル・ビーチ
PAGE TOP