ライト兄弟はなぜ飛べたのか―紙飛行機で知る成功のひみつ―


著:土佐幸子

絵:佐藤智子

定価:本体1400円+税
判型・体裁:23*19㎝/64ページ
発行年月:2005年4月
ISBN978-4-378-03896-4
NDC420

小学校教科書 教育出版「国語」5年 「5年生で読みたい本」掲載図書

内容紹介

ライト兄弟といえば、みなさんは“飛行機を発明した人”あるいは“初めて飛行機に乗って空を飛んだ人”ということが頭にうかぶでしょう。でも、ライト兄弟の飛行機が、なぜ飛ぶことができたのか、ときかれたら、その答えはむずかしいかもしれません。
本書は、さまざまな紙飛行機を折って、飛ばして、調整しながら、ライト兄弟が飛行機をつくるとき、どのような工夫をしたのか、どんなことを発見したのかををさぐっていきます。

【著者あとがきより】
科学的な探究の姿勢以上にライト兄弟のすばらしかったところは、夢を持っていたことです。人間が空を飛ぶことは可能にちがいないと信じ、時間とエネルギーと資金を費やして、研究を実行しました。彼らだって実験が失敗続きのときは元気をなくしました。思ったほど揚力が出ないで墜落が続いた1901年には、「人間が飛べるようになるまでに後50年はかかる。」となげいたこともありました。それでも研究をやめずに、2年後にはとうとう出口を見つけたのです。
実現がむずかしそうなことでも、まず「やってみよう!」という気持ちがなければ何も始まりません。この本に書いてある紙飛行機の実験を通して、あなたの気持ちをライト兄弟の気持ちに重ねてみてください。紙飛行機がうまく飛んだときは、ぜひライト兄弟がキティホークで飛行に成功したときの喜びを想像してみてください。あなたにも何か夢が芽生えてこないでしょうか。

関連記事

  1. みどり色のまゆ

  2. 人力で動く乗り物

  3. しゃぼん玉の実験

  4. わたしのタンポポ研究

  5. アオカビが人類をすくった

  6. 目で見る物理 力・運動・光・色・原子・質量

  7. 国立科学博物館物語

  8. 土の中の動物を調べよう

  9. ポップコーンの科学-ふくらむなぞに挑戦-

セット商品

新刊

  1. #マイネーム
  2. 目で見るSDGs時代の異常気象
  3. サステナブル・ビーチ
  4. はかって、へらそうCO2 1.5℃大作戦
  5. ホオナニ、フラおどります
PAGE TOP