ヨハネスブルクへの旅

ビヴァリー・ナイドゥー=作
もりうちすみこ=訳
橋本礼奈=画

定価:本体1300円+税
判型・体裁:四六判/120ページ
発行年月:2008年4月
ISBN978-4-378-01477-7
NDC933

「母さんをつれてこよう。でないと、ディネオは死んじゃう!」赤ん坊の妹が、重い病気になった。ナレディの心に、おさない妹を思って、不安がしのびこんでくる。
「つれてくるって、どうやって?」弟のティロは面くらっている。二人の母親は、300キロもはなれたヨハネスブルクにいて、住み込みで働いているのだ。
アパルトヘイト下の南アフリカ。黒人居留区に住む姉と妹が町へ旅をするあいだに、さまざまな矛盾に遭遇する。現在の社会や人間性についても、読み手の心に強く語りかける作品。

【作者】ビヴァリー・ナイドゥー
1943年イギリス自治領南アフリカ連邦に生まれ、白人社会の一員として育った。大学時代に反アパルトヘイト運動に身を投じてとらわれ、8週間の獄中生活を送る。この体験による目覚めが彼女の作家としての姿勢を方向づけた。1965年イギリスに亡命。1985年、児童向け処女作『ヨハネスブルクへの旅』を発表。ペアレンツ・チョイス賞オナーブックなど英米で4つの賞を受賞。1989年の『炎の鎖をつないで』(偕成社)、2001年『真実の裏側』(めるくまーる)など。

関連記事

  1. 囚われのアマル

  2. いくじなし!

  3. もうひとりの息子

  4. 王宮のトラと闘技場のトラ

  5. やっとアーサーとよんでくれたね

  6. 三つの願い パレスチナとイスラエルの子どもたち

  7. ぼくはマサイ ライオンの大地で育つ

  8. 子ぶたのトリュフ

  9. 王立ユウレイ学校のなかまたち

セット商品

新刊

  1. 【近刊】タブレット・チルドレン
  2. 【近刊】アフガニスタンのひみつの学校 ほんとうにあったおはなし
  3. #マイネーム
  4. 目で見るSDGs時代の異常気象
  5. サステナブル・ビーチ
PAGE TOP