ママは行ってしまった

クリストフ・ハイン 作
松沢あさか 訳
ロートラウト・ズザンネ・ベルナー 絵

A5判/176ページ
2004年3月刊
ISBN978-4-378-00785-4
定価:1300円+税
品切れ重版未定の商品です

まぶたにうかぶママの顔は、いつも笑っています。笑うことしか知らないみたいに。もう一度、生きているママにあえたら! でも、ママも、ママの笑顔も、この世にはもどってきません。
彫刻家のパパは、ママのほほえみを聖母マリアの像にきざみつけたというけれど、石の顔がほんとに笑っているのかどうか、ウラにはよくわかりません。それは、ウラがまだ子どもだからでしょうか。おとなになればわかることなのでしょうか。

関連記事

  1. ヨハネスブルクへの旅

  2. ジュビリー

  3. 生きのびるために

  4. 子ガモのボタン

  5. 男の子おことわり、魔女オンリー

  6. 耳の中の小人

  7. 50点先生と27人の子どもたち

  8. 弟なんていらない

  9. 家出する少年-ヘルトリング短編集-

セット商品

新刊

  1. #マイネーム
  2. 目で見るSDGs時代の異常気象
  3. サステナブル・ビーチ
  4. はかって、へらそうCO2 1.5℃大作戦
  5. ホオナニ、フラおどります
PAGE TOP