ホリス・ウッズの絵

作:パトリシア・ライリー・ギフ
訳:もりうち すみこ

四六判/256ページ
2004年4月発行
ISBN978-4-378-00786-1
定価:1600円+税

ホリス・ウッズとは……
ひとりの赤ん坊が捨てられた場所
その赤ん坊の名前
芸術家で……今は十一歳の少女

だれにも心を開かないホリス・ウッズ……ただ、リーガン家の人たちと過ごした、あの夏の日々だけは別だった。
ニューベリー・オナー賞受賞作品


訳者あとがきより
……ホリスのように困難を背負った子どもをふくめ、たくさんの子どもたちと接したギフさんは、かれらの不安や悲しみを理解し勇気づける母親の役割を、作家として担おうとしているのです。彼女は言います。「戸口に立って、『勇気だして。あなたはひとりぼっちじゃないのよ』って手をふる彼らのお母さんになりたいの」

関連記事

  1. エルビス、こっちにおいで

  2. いたずらっ子がやってきた

  3. 心の国境をこえて

  4. あなたのネコもアクマかもしれない

  5. 語りつぐ者

  6. 潮風にふかれて-ジルケはじめての航海-

  7. 子ねこをつれてきたノラねこ

  8. ノリー・ライアンの歌

  9. 三つの願い パレスチナとイスラエルの子どもたち

セット商品

新刊

  1. タブレット・チルドレン
  2. アフガニスタンのひみつの学校 ほんとうにあったおはなし
  3. #マイネーム
  4. 目で見るSDGs時代の異常気象
  5. サステナブル・ビーチ
PAGE TOP