サルが木から落ちるー熱帯林の生態学ー

スーザン・E・クインラン=著
藤田 千枝=訳
定価:本体1500円+税
判型・体裁:四六判/176ページ
発行年月:2008年4月
ISBN978-4-378-03898-8
NDC481

中央アメリカの熱帯林にすむホエザルがときどき木から落ちるのはどうしてだろう? 同じトケイソウなのに生えている場所のちがいで葉の形がちがうのはなぜか? アリアカシアのトゲの中にすむアリとアカシアの関係は?
熱帯林に暮らす生きものたちのさまざまな謎を解いていくうちに、彼らの生きたつながりが見えてくる……十二の物語。著者自身の手によるイラストも豊富で、読みやすい。

【もくじ】
はじめに
動物たちはどこにいるのだろう?
種の数は?
「サルが木から落ちる」事件
アリ植物の軍隊のなぞ
チョウをだますトケイソウ
カエルの猛毒をさぐる
寄生、それとも助け合い?
チョウの奇妙な追跡
翼のある果物どろぼう
サルの糞にひそむなぞ
姿なき花粉運び屋
森の大きさはどのくらい必要か?
熱帯のシンフォニー
訳者あとがき


【著者】スーザン・E・クインラン
野生動物学者。長年、野外生物を研究し、野外教育にも携わってきた。ガイドとして中央アメリカ、南アメリカの熱帯林の多くの探検に加わった。その仕事のあいだに、動植物のイラストを描くようになり、現在では彼女の作品はカードやポスターなどになり、教育に使われている。著書はいくつかの賞をうけている。アラスカのフェアバンクスに、夫と二人の娘と共に暮らしている。


関連記事

  1. 地層を調べる―たのしいフィールドワーク―

  2. ミイラ物語-その生い立ちを推理する-

  3. 空気の実験をしよう

  4. 野山でたのしむ秋の草花

  5. ゴミを調べる

  6. 科学でゲーム・屋外で実験

  7. ぼくは なぜヒマワリなのかな

  8. わたしのイルカ研究

  9. はっこう博士大かつやく

セット商品

新刊

  1. 【近刊】タブレット・チルドレン
  2. 【近刊】アフガニスタンのひみつの学校 ほんとうにあったおはなし
  3. #マイネーム
  4. 目で見るSDGs時代の異常気象
  5. サステナブル・ビーチ
PAGE TOP