ゴミを調べる

わたしたちが生きていくとき、どうしてもゴミが作られます。でも、それを減らすことができます。ゴミを減らそうとしなければ、ゴミの量は、際限なく増えていき、地球はゴミで埋まってしまうでしょう。どこから、どうやってゴミができるのかを中心に、ゴミ問題をさぐります。

衣・食生活とゴミ

著者:塚本治弘

定価:本体2500円+税
判型・体裁:B5判/48ページ
発行年月:2000年6月
ISBN978-4-378-01121-9
NDC518

衣服や食物が、生産され、流通過程を経て、私たちの手元にくるまで、さまざまなゴミができてしまいます。どんなときにゴミができるか、どのようにしたらゴミが減らせるかを、さまざまな角度からさぐります。


住まいと身の回りのゴミ

著者:塚本治弘

定価:本体26500円+税
判型・体裁:B5判/48ページ
発行年月:2000年6月
ISBN978-4-378-01122-6
NDC518

家や暮らしの道具に使われる材料は、最近プラスチックを使ったものがふえた。そのため、それらが不要になり、ゴミになったとき、その処理、処分が、むずかしくなっている。プラスチックゴミはどうしたらよいのか、リサイクルは可能なのか、さまざまな角度から考えます。


社会活動とゴミ

著者:塚本治弘

定価:本体2500円+税
判型・体裁:B5判/48ページ
発行年月:2000年6月
ISBN978-4-378-01123-3
NDC518

日本は、現在、年間約6億トンの資源を輸入しています。また、国内からは年間約11億トンの資源を掘り出していて、これらの資源から、約12億トンの製品が生み出され、そして、約4億トンの産業廃棄物ができています。このままでは、日本はゴミで埋まってしまいます。かといって、ゴミを輸出しても、それは何の解決にもなりません。これからのゴミ問題をさまざまな角度から考えます。

関連記事

  1. 地球環境のしくみ

  2. 池上彰の ニュースに登場する世界の環境問題 1期

  3. 野山でたのしむ春の草花

  4. 環境を調べる・環境を守る

  5. 母と子の園芸教室

  6. 科学の基本を学ぶ

  7. 池上彰の ニュースに登場する世界の環境問題 6巻:動物の多様性

  8. 自然の材料と昔の道具

  9. 野山でたのしむ夏の草花

セット商品

新刊

  1. #マイネーム
  2. 目で見るSDGs時代の異常気象
  3. サステナブル・ビーチ
  4. はかって、へらそうCO2 1.5℃大作戦
  5. ホオナニ、フラおどります
PAGE TOP