コルドバをあとにして

作:ドリット・オルガッド
訳:樋口範子

定価:本体1700円+税
判型・体裁:四六判/320ページ
発行年月:2005年2月
ISBN978-4-378-00789-2
NDC929
品切れ重版未定の商品です

十七世紀のスペインを舞台に、異端審問をうけて投獄された母親を、ユダヤ人少年が奇跡的に救出するまでを描いた作品。宗教を越えた力で、人々がたがいに尊重しあい、困難を乗り越えて絶望せずに助け合っていく描写に、作者の間口の広さ、寛容さを感じ取れる。現在の世界情勢でもっとも欠けている「宗教、民族の和平」への意識が、うなりとなってせまってくる作品。
イスラエルの作家が、2回の綿密な現地取材を経て書き下ろした歴史児童文学。

関連記事

  1. さすらいの旅 続・生きのびるために

  2. 囚われのアマル

  3. またいっしょにおどろうよ ママ

  4. エルビス、こっちにおいで

  5. 黄色いハートをつけたイヌ

  6. おじいさんのマフラー-小さな心のスケッチ-

  7. 王立ユウレイ学校のなかまたち

  8. ソルジャー・マム

  9. 少年と白鳥

セット商品

新刊

  1. 目で見るSDGs時代の異常気象
  2. サステナブル・ビーチ
  3. はかって、へらそうCO2 1.5℃大作戦
  4. ホオナニ、フラおどります
  5. エルビス、こっちにおいで
PAGE TOP