オリバー、世界を変える!

クラウディア・ミルズ 作
渋谷 弘子 訳
菅野 博子 絵

定価:本体1200円+税
対象:小学校低~中学年
判型・体裁:A5判/124ページ
発行年月:2010年12月
ISBN978-4-378-01487-6
NDC933

どうしたら、両親にわかってもらえる、この気持ち?
オリバーが幼いころ病気がちだったため、おかあさんは心配でなりません。だからなんでもオリバーの先まわりをして口を出したり手を出したりしてしまいます。オリバーもそれが習慣になっていて、なんでも両親、とくにおかあさんにしてもらうことがあたりまえになっています。そのオリバーが、理科の授業で、太陽系の惑星からはずされた冥王星のことをしって、少しずつ変わっていきます。
……人気作家、クラウディア・ミルズの楽しいお話です。

作者/クラウディア・ミルズ(Claudia Mills)
アメリカの作家。夫と二人の息子とともにコロラド州のボールダーに住む。コロラド大学で哲学を教えながら、子ども向けの本を30冊以上書く。邦訳書に『やったね、ジュリアス君!』(さ・え・ら書房)と『わすれんぼライリー、大統領になる!』(あすなろ書房)がある。

 

関連記事

  1. フグは海に住む―ベンの旅立ち―

  2. リリー・モラハンのうそ

  3. ぼくによろしく

  4. 子ねこをつれてきたノラねこ

  5. 希望の学校 新・生きのびるために

  6. さすらいのたび 続・生きのびるために

  7. だれが石を投げたのか?

  8. アリスは友だちをつくらない

  9. やあ、アンドレア -ある「父と子」の風景-

セット商品

新刊

  1. 目で見るSDGs時代の異常気象
  2. サステナブル・ビーチ
  3. はかって、へらそうCO2 1.5℃大作戦
  4. ホオナニ、フラおどります
  5. エルビス、こっちにおいで
PAGE TOP