わたしの山の精霊ものがたり

作:オトフリート・プロイスラー
絵:ヘルベルト・ホルツィング
訳:吉田 孝夫

定価:本体1700円+税
対象:小学校高~
判型・体裁:四六判/320ページ
発行年月:2011年12月
ISBN978-4-378-01494-4
NDC943

2012年「夏休みの本=緑陰図書」に選定されました。

内容紹介

ドイツ児童文学きっての語りの名手プロイスラーが、ふるさとの山の神さまリューベツァールの伝説を物語ります。舞台はヨーロッパ東部の大山脈リーゼンゲビルゲ。深い森に、山の頂に、はたまたふもとの村に、七変化のリューベツァールが現われます。この精霊がくりだす魔法のいたずらに、村びとや山の旅びとたちは泣いたり笑ったり――。


作者紹介

作者:オトフリート・プロイスラー (Otfried Preußler)
1923年、旧チェコスロヴァキアのボヘミア地方、リベレツ(ライヒェンベルク)に住むドイツ人の家に生まれる。ドイツを代表する児童文学作家。『大どろぼうホッツェンプロッツ』ほか多くの名作が、さまざまな世代に親しまれている。第二次世界大戦での過酷な捕虜体験をもつ。

画家:ヘルベルト・ホルツィング(Herbert Holzing)
1931年、ドイツのトリアーに生まれ、2000年、同地に没する。ドイツの著名な挿絵画家。プロイスラーとの共同作業はとりわけ評価が高く、『クラバート』、『大力ワーニャの冒険』、『かかしのトーマス』など数々の作品を手がけた。

訳者:吉田 孝夫(よしだ たかお)
1968年、鳥取県生まれ。ドイツ文学者。京都大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。現在、奈良女子大学文学部准教授。

 

関連記事

  1. やあ、アンドレア -ある「父と子」の風景-

  2. フグは海に住む―ベンの旅立ち―

  3. 外国の読みものセット「そして少女は」

  4. クジラに救われた村

  5. Xをさがして

  6. ノリー・ライアンの歌

  7. アリスは友だちをつくらない

  8. 泥かべの町

  9. ソルジャー・マム

セット商品

新刊

  1. 目で見るSDGs時代の異常気象
  2. サステナブル・ビーチ
  3. はかって、へらそうCO2 1.5℃大作戦
  4. ホオナニ、フラおどります
  5. エルビス、こっちにおいで
PAGE TOP