わたしのカラス研究

著:柴田佳秀
定価:本体1400円+税
判型・体裁:B5変型判/80ページ
発行年月:2006年4月
ISBN978-4-378-03897-1
NDC488

ハシボソガラス(裏表紙より)

「あなたのいちばんきらいな鳥は何ですか?」という質問に、ほとんどの人がカラスをあげます。ゴミを散らかす、人をおそう、声がうるさい、すがたがおそろしい、性格が悪い?……いろいろな理由があるでしょう。
カラスをきらうこれらの理由には、思いこみや誤解があるような気がする……こう考えた著者は、カラスの真のすがたをもとめ、調査・研究を始めました。

ハシブトガラス(本文より)

本書は、カラスの日常生活や、知的行動をするめずらしいカラスなど、カラスのさまざまなすがたを楽しく紹介しています。

 

関連記事

  1. わたしの森林研究 鳥のタネまきに注目して

  2. どうぶつの赤ちゃんとおかあさん

  3. ミヤマカワトンボのふしぎ

  4. 国立科学博物館物語

  5. サルが木から落ちるー熱帯林の生態学ー

  6. カルメ焼きはなぜふくらむ-二酸化炭素の実験-

  7. みどり色のまゆ

  8. はっこう博士大かつやく

  9. わたしのウナギ研究

セット商品

新刊

  1. 目で見るSDGs時代の異常気象
  2. サステナブル・ビーチ
  3. はかって、へらそうCO2 1.5℃大作戦
  4. ホオナニ、フラおどります
  5. エルビス、こっちにおいで
PAGE TOP