知ってる?アップサイクル ①アップサイクルってなに?

定価:(本体2500円+税)
判型・体裁:B5判/40ページ
発行年月:2020年4月
ISBN978-4-378-01221-6
NDC360

・書評
2021年1月 ちゅーピー子ども新聞(中国新聞)「SDGs できることから!」

内容紹介

見本はこちら 
いらなくなったものを、もういちど、資源にもどして使うのがリサイクル。
いらなくなったものを、そのままの形で、新たな「価値」のあるものにつくりかえる
――それが「アップサイクル」です。
自由で、楽しい、もうひとつのリサイクルの形なのです。
この巻では、アップサイクルとはどういうものなのか、実際の作品や、とりくんでいる人たちを紹介しながら、わかりやすく説明します。


もくじ(もくじの詳細はこちら)
◆アップサイクルってなあに?

アップサイクルとリサイクルのちがい
むかしからあったアップサイクル
アップサイクルでSDGsを

◆アップサイクルへのとりくみ
タイヤチューブがバッグやペンケースに!
自動車のエアバッグが小物入れに!
いらなくなった学校の用具が家具に!
消防ホースを新しいバッグやさいふに!
空きかんのプルタブがバッグやアクセサリーに!
ねむっていた洋服を新しいファッションアイテムに!

ネット書店で購入する

Amazon楽天ブックスhonto7nete-hon

関連記事

  1. 風をつかまえたウィリアム

  2. 目で見るSDGs時代の環境問題

  3. きみが、この本、読んだなら とまどう放課後 編

  4. 身近でできるSDGsエシカル消費 ②エシカル消費でSDGsを!

  5. はかって、へらそうCO2 1.5℃大作戦

  6. みずをくむプリンセス

  7. きみが、この本、読んだなら ざわめく教室 編

  8. 目で見るSDG時代に知っておきたいこと

  9. フィボナッチ 自然の中にかくれた数を見つけた人

セット商品

新刊

  1. タブレット・チルドレン
  2. アフガニスタンのひみつの学校 ほんとうにあったおはなし
  3. #マイネーム
  4. 目で見るSDGs時代の異常気象
  5. サステナブル・ビーチ
PAGE TOP