きみが、この本、読んだなら

とまどう放課後 編


きみが、この本、読んだなら
とまどう放課後 編

作者:森川成美、高田由紀子
松本聰美、工藤純子
画家:吉田尚令
定価:(本体1400円+税)
判型・体裁:四六判/160ページ
発行年月日:2020年2月28日予定
ISBN978-4-378-01556-9
NDC913


【内容】
「ねえ、この本、読んでみたら」
なぜだろう、こんなにどきどきするのは。
知りたい。この本を分かちあいたい――

飛行機の話になるとむちゅうになる、となりの席のきみへ
転校して遠くに行ってしまう、ずっとあこがれていたきみへ
さびしさをうめられない、心やさしいきみへ
受験で自分らしさを見失っている、おさななじみのきみへ
――大切な人へ本をすすめる、4つの物語。
なんで怒っちゃったんだろうな。女子の気持ちはよくわからない。
――「赤いコードロン・シムーン」森川成美

大分県出身。第18回小川未明文学賞優秀賞受賞。『マレスケの虹』(小峰書店)で、第43回日本児童文芸家協会賞受賞。「アサギをよぶ声」シリーズ、『ポーン・ロボット』(ともに偕成社)、『さよ 十二歳の刺客』(くもん出版)、『福島の花さかじいさん』(佼成出版社)、「なみきビブリオバトル・ストーリー」シリーズ(共著、さ・え・ら書房)ほか、著書多数。「季節風」同人。 
本は、逃げ場所だけじゃない。いつもわたしに勇気をたくさんくれた。
――「たそがれ時の魔法」高田由紀子

新潟県佐渡市出身。「まんぷく寺でまってます」(ポプラ社)でデビュー。「君だけのシネマ」(PHP研究所)で第5回児童ペン賞少年小説賞受賞。著書に「青いスタートライン」「ビター・ステップ」(ともにポプラ社)がある。日本児童文学者協会会員。「季節風」同人。
 
詩って〈心の鍵〉だなって、わたし思うんだ
――「走っていくよ」松本聰美

兵庫県生まれ。作品に『アルルおばさんのすきなこと』(国土社)、『声の出ないぼくとマリさんの一週間』『ん ひらがな大へんしん』(共に汐文社)『ぼく、ちきゅうかんさつたい』『クルルちゃんとコロロちゃん』(共に出版ワークス)『わたしはだあれ』『パンダのあかちゃん おっとっと』(共にKADOKAWA)『ぶぶるん ふるふる』(ほるぷ出版)などがある。日本児童文学者協会会員。
◆夢見ることを忘れたら、さびしいもんね
――「ぬすまれた時間と金色のパン」工藤純子

東京都出身。『セカイの空がみえるまち』(講談社)で第3回児童ペン賞少年小説賞受賞。著書に『あした、また学校で』『となりの火星人』(以上、講談社)「恋する和パティシエール」シリーズ、「プティ・パティシエール」シリーズ、「ダンシング☆ハイ」シリーズ(以上、ポプラ社)などがある。日本児童文学者協会会員。全国児童文学同人誌連絡会「季節風」同人。

きみが、この本読んだなら ざわめく教室編