さ・え・ら書房編集室雑記(2018/11/25) Topへ戻る


◆小社から『その年、わたしは嘘をおぼえた』が出ました。主人公の少女が「悪」にたいして、「逃げ」から「立ち向かう」に変化する……その描写は、力強く胸に響くものがあります。多くの人にぜひ読んでほしい1冊です。


◆スマホとSNSが、社会を変えてしまいました。こんなにも急速に、地球や人類、文明・文化・思想・生活スタイルが変わるとは、思いもよりませんでした。
◆わたしの子どもの頃、よく親から「お行儀が悪い!」「お行儀良くしなさい!」と言われたものでした。いまや「お行儀」は死語になってしまいました。電車の中で化粧をする、おにぎりを歩きながら食べる……などはかわいいものです。アメリカの大統領が、ツイッターで平気でお行儀の悪いことをしているのは、なんとも情けないです。
◆先日レストランでのこと。若いカップルが食事のあいだじゅう、ずっとスマホをにらんで操作していました。どこかのサイトに画像をアップしようというのでしょうか? 食事のあいだぐらいスマホを忘れて、料理やお酒、会話、お店の雰囲気を味わえばいいのに……と思ったことでした。


◆東山魁夷の展覧会を見てきました。装飾的な絵が多い?なかで、わたしの好きな「道」が来ていたのが嬉しかったです。「道」ということばやテーマには、何かひかれるものがあります。
◆そのむかし「道」という映画がありました。主人公の女性の名「ジェルソミーナ」の曲は、映画の内容は当時ほとんどなにも分からなかったけれど、そのメロディーは心にしみたものでした。
◆去年の秋、福島に旅行したとき、美しい「道」に出会って夢中で写真を撮りました。いまでも、わたしの部屋にプリントして飾っています。
◆先日、台湾に旅行してきました。「九分(キュウフン)」で食事をしたり、タイワンリスに餌をやったり、カノコバトを初めて見たりと楽しい旅でした。
◆11月23日のこと、自宅の鉢植えのサンショウの葉を食べていた15匹のアゲハの幼虫。すべての葉を食べ尽くし、このままでは飢え死に間違いないということで、会社のミカンの木に移しました。サンショウと違い、葉が固いので大丈夫かなと思っていたけれど、そのうちの1匹が黒色から緑の5齢幼虫になりました。無事に蛹になって、来年の春、チョウになって会えるといいな。
◆会社の近所を散歩していたら、小さな公園がありました……子どもが楽しそうに遊んでいました。


道(福島) 九分(台北) タイワンリス(台北)
カノコバト(台北) アゲハ幼虫(市ヶ谷) 公園(市ヶ谷)

(写真はクリックで拡大します)
(記)浦城信夫
前回の『編集室雑記』を見る