ホオナニ、フラおどります

文:ヘザー・ゲイル
絵:ミカ・ソング
訳:クウレイナニ橋本

定価:(本体1500円+税)
判型・体裁:22×29cm/40ページ
発行年月:2021年1月
ISBN978-4-378-04160-5
NDC933

・書評
2021年6月12日 新婦人しんぶん「多様な性に出会える絵本」
2021年4月10日 しんぶん赤旗
2021年4月7日   毎日新聞(朝刊)「BOOK WATCHING」

・掲載
読書推進運動協議会 2022「若い人に贈る読書のすすめ」
探検しよう!本の国 子どもにおすすめの本2022 中学生・高校生(愛媛県立図書館)

内容紹介

「自分は男と女のまんなかにいる」ホオナニはいつもそう思っていました。
そんなある日、ホオナニの学校で、男子フラのチームがつくられることに。地区のイベントでステージに立つのです。メンバーになりたくてたまらないホオナニは、オーディションをうけ、男子フラチームに参加することになりました。

めきめきと実力をあらわし、ついにホオナニはリーダーに! そして、いよいよイベント当日、ステージの幕が上がります……両性を自認する12歳のホオナニが、トランスジェンダーの先生クム・ヒナのもとで、ハワイの伝統文化である男性の古典フラをとおして「ありのままの自分」を表現しようとします。自分の居場所を求め、みずからの手でつかみとるまでの姿を描いた、実話に基づく物語です。


作者紹介

作者:ヘザー・ゲイル(Heather Gale)
ニュージーランド出身。元歯科矯正医。本作のような、実在の人物を描いた物語を好む。一時期は、長距離ドライブ中に車窓の景色に合わせて物語を作ることに熱中していた。マシューとブレンダンという二人の息子の母親で、現在は、夫のギャリーと二匹の犬とともに、カナダのトロントでくらしている。

画家:ミカ・ソング(Mika Song)
フィリピンのマニラに生まれ、ハワイのホノルルで育つ。プラット・インスティテュート入学を機に、ニューヨークへ移る。アニメーターを経て、子どもの本の仕事をはじめる。2015年に米国児童図書作家・画家協会、冬期会議でポートフォリオ賞を受賞。かわいくてユーモラスなはぐれものを描いた物語を好む。現在も、娘と夫とともに、ニューヨークでくらしている。

訳者:クウレイナニ橋本
1971年にホノルルの「イリマ・フラスタジオ」に入門。1979年に「クウレイナニ・ポリネシアンカルチャースクール」を日本で開校する。1988年にハワイのフラコンクールに日本人グループとして初出場をはたし、以来21回の出場をほこる。1991年からチャリティコンサート「アロハの心」による社会貢献活動をつづけるかたわら、1996年からハワイでもっとも伝統のある「メリーモナークフェスティバル・前夜祭」にゲストとして4度出場するなど、活躍の場を広げている。『これ1冊できちんとわかるフラ』(マイナビ出版)の監修のほか、訳書に『ハワイ語入門』(大学書林)がある。


ネット書店で購入する

Amazon楽天ブックスhonto7nete-hon

 

関連記事

  1. オールド・ブルー 世界に1羽の母鳥

  2. トマスと図書館のおねえさん

  3. あまがえるさん、なぜなくの?

  4. テレビを発明した少年 ファイロウ・ファーンズワース物語

  5. エロイーサと虫たち

  6. トマス・ジェファソン 本を愛し、集めた人

  7. わたしはガリレオ

  8. ワシとミソサザイ

  9. やねの上にさいた花

セット商品

新刊

  1. タブレット・チルドレン
  2. アフガニスタンのひみつの学校 ほんとうにあったおはなし
  3. #マイネーム
  4. 目で見るSDGs時代の異常気象
  5. サステナブル・ビーチ
PAGE TOP