著作物の利用

著作物の利用に関して、よくあるご質問をまとめました。
お問い合わせや、著作権の許諾申請はお問い合わせフォームをご利用ください。
著作権に関する詳しい情報は日本書籍出版協会サイトをご参照ください。


①ブックリスト、冊子、広報誌、ホームページなどで表紙画像を掲載して、おすすめの本として紹介したい。
表紙画像に改変を加えず、書名、著者名(作者、訳者、イラストレーターなど)、出版社名(さ・え・ら書房)をご明示いただけたら、許諾の必要はございません。本文の転載は、著作権者の許諾が必要です。

②読み聞かせ会をしたい。
営利目的ではない(観客から料金を徴収しない。朗読や実演をする人に謝礼が発生しない)読み聞かせ会であれば許諾の必要はございません。書名、著者(作者、訳者、イラストレーターなど)、出版社名(さ・え・ら書房)をご紹介いただき、原文のまま朗読してください。
(著作権法第38条「営利を目的としない上演等」をご参照ください。)

③本の紹介や読み聞かせの際に、以下の方法を使用したい。
・一部または全部を大型化したい。プロジェクターで拡大したい。
・紙芝居やペープサート、パネルシアター、エプロンシアターにして使用したい。
・プレゼンテーションソフト(powerpoint、pagesなど)を使って紹介したい。
・Webで読み聞かせの動画を配信したい。
上記のように原本に改変を加えて利用する場合は、著作権者の許諾が必要です。

④学校の授業で、出版物をコピーして使用したい。
学校の授業、学校行事、ゼミ、単位取得のために必要な活動などで使用する場合は、著作権者の許諾は必要ございません。
教化研究会、クラブ、サークル、学級・学校通信など授業外の活動で使用する場合は、著作権者の許諾が必要です。
(著作権法35条「教育機関における複製等」をご参照ください。)

新刊

  1. 目で見るSDGs時代の異常気象
  2. サステナブル・ビーチ
  3. はかって、へらそうCO2 1.5℃大作戦
  4. ホオナニ、フラおどります
  5. エルビス、こっちにおいで
PAGE TOP