子ぶたのトリュフ


子ぶたのトリュフ


■子ぶたのトリュフ

ヘレン・ピータース文
エリー・スノードン絵
もりうち すみこ訳

定価:(本体1400円+税)
判型・体裁:四六版/208ページ
発行年月:2018年1月
ISBN978-4-378-01524-8
NDC933



組み見本
【内容】
お母さんぶたのおっぱいもすえなかった赤ちゃんぶた……
―ジャスミンにいのちをすくわれた赤ちゃんぶたのトリュフは、元気な子ぶたに育ちました。
そして、クリスマスイブに、ある事件がおこります・・・
「おいで、トリュフ! いよいよ初仕事よ!」
農場を舞台に、少女ジャスミンと子ぶたのトリュフの心あたたまる物語です。
【作者】ヘレン・ピータース(Helen Peters)
イギリス南東部、サセックスの昔ながらの農場で、家族と動物に囲まれ、泥んこになって育つ。子どものころは、よく本を読み、古い納屋で年じゅう友だちと劇をして遊んでいた。現在はロンドン郊外の海辺の町で、二人の子ども、二匹の猫と二匹のモルモット、一人の夫と暮らしている。
【画家】エリー・スノードン(EEllie Snowdon)
イギリス南西部、サウス・ウェールズで、手作りのウェルシュケーキに囲まれて育つ。子どものころから、母親の激励を受けて、本を読み、絵を描きつづけている。現在はロンドンに住んでいるが、描くためのエネルギー源として、毎週母親からウェルシュケーキが送られてくる。
【訳者】もりうち すみこ
福岡県生まれ。訳書『ホリス・ウッズの絵』(さ・え・ら書房)が産経児童出版文化賞に、訳書『真実の裏側』(めるくまーる)が同賞推薦図書に選ばれる。他の訳書に『三つの願い―パレスチナとイスラエルの子どもたち』、『九時の月』(共にさ・え・ら書房)、『スカーレット』(偕成社)、『ある日とつぜん、霊媒師』(朔北社)などがある。
【訳者あとがき】より
 作者のヘレン・ピータースさんも、農場で育ちました。この作品を通して、今の子どもたちに農場の生活というものを知ってもらいたかったといっています。本文に、クリスマスの日も、家族みんながそろったのは夕方だった、というところがあるでしょう? 生き物を飼う仕事は、本当にクリスマスも夏休みもないのです。毎日毎日、決まった時間に餌をやり、フンの始末が欠かせませんから。動物を育てるには、そんな勤勉さも必要なんですね。

「新刊」のページに戻る