ここがわたしのおうちです

「第58回青少年読書感想文全国コンクール」課題図書
(小学校中学年の部)に選定されました。


ここがわたしのおうちです

アイリーン・スピネリ=作
マット・フェラン=絵
渋谷 弘子=訳

定価:本体1300円+税
対象:小学校中~
判型・体裁:A5判/112ページ
発行年月:2011年10月
ISBN978-4-378-01491-3
NDC933


(内容見本)
父親が職を失ったダイアナ一家は、住みなれた家を離れ、祖父の家に引っ越す……親友との別れ、知らないとちでのとまどいと新しい出会いを、鉛筆画と自由詩で細やかにつづります。
作者/アイリーン・スピネリ (Eileen Spinelli)
ペンシルベニア州で生まれる。絵本および児童文学作家。詩人。40以上の作品を出版しており、Somebody loves you, Mr. Hatch(邦訳「だいすきだよ、ハッチさん」徳間書店刊)でクリストファー賞を受賞したほか、数多くの賞を受賞している。夫で同じく作家のジェリーとペンシルベニア州に住む。

画家/マット・フェラン (Matt Phelan)
フィラデルフィア生まれ。大学では映像と演劇を専攻したが、子どもの本に魅せられ、以前から大好きだったイラストの世界に入る。主なイラスト作品に、ニューベリー賞受賞作品The Higher Power of Lucky(邦訳「ラッキー・トリンブルのサバイバルな毎日」あすなろ書房刊)があるほか、最近ではみずからストーリーも書いている。

訳者/渋谷 弘子(しぶや ひろこ)
群馬県在住。県立高校で27年にわたって英語を教えたのち、通信教育で翻訳を学ぶ。主な訳書に「フィボナッチ」「オリバー、世界を変える!」(さ・え・ら書房)、「忘れないよ リトル・ジョッシュ」(文研出版)、「席を立たなかったクローデット」(汐文社)などがある。

「さ・え・ら書房の単行本・読み物」のページに戻る